おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と
反復性耳下腺炎

〜 初回は見分けがつきません 〜



【おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)】

ムンプスウイルスの飛沫感染でおこり、潜伏期は2〜3週間です。感染しても発症しない不顕性感染が約3割あるといわれていますが、この場合でも抗体ができ、二度とかからなくなります。乳児期には母親からもらった抗体があるため、ほとんどかかりませんが、1歳を過ぎてくるとかかるようになってきます。

【症状】
耳の直下やや後方の痛みより始まり、顎のラインにそって腫れてきます。両側が腫れることが多いのですが、腫れてくるのに左右の時間差があったり、片方だけの腫れで終わったりすることもあります。片方だけの腫れで終わっても、抗体はちゃんとできるので、二度とかかることはなくなります。耳下腺はつばを作る場所ですから、食物を噛んでつばが出る時に痛みます。腫れる少し前から、熱が出ることが多いのですが、出ないこともあります。耳下腺の腫れは3日目くらいに最大になり1週間くらいでひいてきます。あごの下にある顎下腺が腫れることもあります。まれに、耳下腺が腫れずに顎下腺だけが腫れる場合があり、リンパ節炎との区別が難しくなります。

【診断】
まわりで流行っていて、しかも両方の耳の下が腫れたような典型的な場合は、まず診断に困ることはありません。首のリンパ節炎蜂窩織炎(皮下の深いところに細菌が入り込み、腫れて痛みます。)と区別が難しい場合は、血液検査(血沈、CRP、アミラーゼ、LDHなど)が有用です。リンパ節炎ではLDHが、蜂窩織炎では血沈・CRPが、おたふくかぜではアミラーゼが高く出ます。以下に述べる反復性耳下腺炎化膿性耳下腺炎と区別が難しい場合はムンプスウイルスの抗体を調べるとはっきりします。

【注意すべき合併症】
耳下腺の腫れ自体は、時間さえ経てば自然に治るのですが、おたふくかぜが恐いのは、以下のような合併症をおこすことがあるからです。

【髄膜炎】
程度の差こそあれ、10%前後の人がおこしていると考えられています。耳下腺の腫れがピークになったころか、ひき始めたころに、高熱、頭痛、嘔吐が出てきます。髄液検査(腰から針を刺し、髄液をぬいて調べる検査)をするとはっきり診断できますが、診断しても治療法がないため、軽い場合は髄液検査をしない場合もあります。しかし一方で、髄液検査をすることによって、髄液量が少し減って、脳にかかる圧力が低くなり、頭痛、嘔吐などの症状が軽くなることがあります。髄膜炎になると、まれに後でてんかんを発症したり、脳波の異常を残すことがあります。

【睾丸炎】)
思春期に入った年長児に多く、睾丸がパンパンに腫れて痛みます。一側性のことが多いのですが、両方の睾丸が腫れた場合は不妊の原因となります。女児ではまれに卵巣炎を起こします。

【膵臓炎】
腹痛(みぞおちの痛み)、嘔吐が症状です。

【難聴】
片方だけのことが多いのですが、なってしまうと回復は困難です。

【治療および注意点】
残念ながら、おたふくかぜそのものに対する治療法はありません。熱があれば熱さまし、痛みが強ければ痛み止めを使ってもかまいません。耳下腺の腫れが消失するまで登校(園)禁止となるため、熱がなくても家で安静にしておく必要があります。口をあけたり、噛んだりすると痛いので、食事はおじや、スープ、ゼリーなどの噛まずに食べられるものがよいでしょう。酸っぱいものなど唾液を出すものを食べても痛みの原因となります。大きくなってかかるほど重症となるので、遅くとも小学校を卒業するまでにかからなければ、抗体検査でかかったかどうか調べるか、予防接種をしておくことをすすめます。予防接種は1歳から自費で受けられます。予防接種をしてもかかることはありますが、軽くすむといわれています。また、予防接種によって髄膜炎になることも極まれにありますが、自然にかかる場合に比べはるかに低率です。

【反復性耳下腺炎】

くり返し起るおたふくかぜ様の耳下腺炎です。5〜10歳に多く、ほとんどの場合、中学生ころになると自然におきなくなります。他の人にうつることはありませんので、登校禁止にはなりませんが、初回はほとんどおたふくかぜと見分けがつかないため、学校は休んで様子を見るようになります。2回以上おきた時は血液検査をして、おたふくかぜの抗体があることがわかれば、次から学校を休む必要はありません。


【症状】
典型的な場合は、耳の下が片方だけ腫れ、熱は出なくて、痛みはおたふくかぜに比べて軽いのですが、例外もあります。

【原因】
原因に関して、生まれつき耳下腺の構造上の問題があり、耳下腺の中で作られた唾液がスムーズに出てこなかったり、ウイルスが感染したり、アレルギーが関与している可能性などが考えられていますが、はっきりわかっていません。

【予防と治療】
予防するためには、口の中を清潔に保ち、ガムやレモンなど唾液の分泌を促すものを食べるとよいといわれていますが、効果のほどは定かではありません。積極的な治療法はなく、おたふくかぜの時と同様に、酸っぱい食べ物を避け、痛みが強い場合には痛み止めを使います。生活は普通でよく、入浴してもかまいません。細菌が感染した、いわゆる化膿性耳下腺炎の可能性がある場合には、早めの抗生剤の内服が必要です。何度も繰り返す場合は耳鼻科専門医に相談するとよいでしょう。


疾患別特集 TOP