●現在上映中
   

3/28 sat 〜 4/3 fri  までの時間




日本のぬくもりを紡ぐ2本立て


「蜩ノ記」(ひぐらしのき)  &  「ふしぎな岬の物語」



禁断×衝撃×究極 愛!2本立て

 
「私の男」 & 「海を感じる時」








見逃した!もう一度観た!スタッフおすすめ!
日本のぬくもりを紡ぐ2本立て 3月28日(土)〜4月17日(金)
「蜩ノ記(ひぐらしのき)」  &  「ふしぎな岬の物語」

4/4(土)原作者 葉室麟さんトークイベント★
<スケジュール>
「ふしぎな岬の物語」   10:00〜12:05
「蜩ノ記」(ひぐらしのき) 12:15〜14:30
★葉室麟さんトーク    14:40〜15:20
 「ふしぎな岬の物語」  15:30〜17:35
「蜩ノ記」 (ひぐらしのき) 17:40〜19:55

【トーク終了後、葉室麟さんの書籍販売、サイン会を行います。】

※当日の映画鑑賞券でトークもご覧頂けます。
※招待券はご利用頂けません。予めご了承下さい。

蜩ノ記 (同時上映)●ふしぎな岬の物語
※4/14(火)19:00〜上映はございません。ご注意下さい。
  蜩ノ記 ふしぎな岬 蜩ノ記 ふしぎな岬 蜩ノ記
開始 10:00 12:25 14:35 16:55 19:00
終了 12:15 14:30 16:50 18:55 21:15
会場 昭和館@
上映時間  「蜩ノ記」 2時間9分 / 「ふしぎな岬の物語」 1時間57分
音響 ドルビーデジタル
画面 ヴィスタ
料金  2本立て 一般(高校生〜シニア) 1,100円   3歳以上〜中学生 800円
毎月1日映画の日、水曜日レディスデイ、木曜日メンズデイ
900円
  「蜩ノ記」・・・前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに藩の歴史である『家譜』を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。壇野庄三郎(岡田准一)は家計編纂の作業から藩の秘め事を知ることになった幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江(原田美枝子)、娘・薫(堀北真希)、息子・祐太郎(吉田晴登)と共に住み始めるのだった。秋谷の揺るぎない姿と、それを支える家族の姿に感銘を受けた庄三郎は事件に疑問を抱き、真相を探り始める・・・。原作は第146回直木賞を万票で受賞したベストセラー小説、北九州出身の葉室麟著「蜩ノ記」。四季折々の美しい風景の中で不変の「愛」を紡いだ感涙の物語。日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞(岡田准一)。
「ふしぎな岬の物語」・・・海の向こうに富士山をのぞむのどかな岬で、喫茶店「岬カフェ」を経営する柏木悦子(吉永小百合)。お店には、彼女がいれる一杯のコーヒーを求めて里の住人たちが集まり、のどかな日常が続いていた。そんなある日、常連客・徳三郎(笹野高史)の娘で、結婚して東京へ出ていたみどり(竹内結子)が数年ぶりに帰郷してくる。さらに、悦子と甥の浩司(阿部寛)を長年見守り続けてきたタニさん(笑福亭鶴瓶)が大阪へ転勤しなければならなくなり、穏やかだった里の暮らしにも変化の風が吹き始める…。女優の吉永小百合が初めて自ら企画から立ち上げた主演作。喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケーション撮影を行い、岬の喫茶店を経営する女主人と、そこに集う人々の悲喜こもごもを描く。森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマ。
 見逃した!もう一度観た!スタッフおすすめ!
 禁断×衝撃×究極 愛!2本立て【R15+】 3月21日(土)〜4月10日(金)
   
「私の男」 & 「海を感じる時」
 
私の男 (同時上映)●海を感じる時
  私の男 海を感 私の男 海を感 私の男
開始 10:00 12:15 14:20 16:35 18:40
終了 12:10 14:15 16:30 18:35 20:50
会場 昭和館A
上映時間 「私の男」 2時間9分 / 「海を感じる時」 1時間58分
音響 ドルビーデジタル
画面 シネスコ / ヴィスタ
料金  2本立て 1,100円均一
毎月1日映画の日、水曜日レディスデイ、木曜日メンズデイ
900円
  「私の男」・・・流氷に閉ざされた北海道紋別。10歳で孤児となった花(二階堂ふみ)を引き取ることになった遠い親戚だという淳悟(浅野忠信)。寄り添うように暮らす二人だが、花が高校生になった頃、二人を見守ってきた地元の名士で遠縁でもある大塩(藤竜也)は、二人のゆがんだ関係を察知し淳悟から離れるよう花を説得する。やがて極寒のオホーツク海の流氷の上で大塩の死体が発見され、淳悟と花は逃げるように町を去るのだった・・・。映像化不可能と言われた直木賞受賞・桜庭一樹による同名ベストセラー小説の映画化。心揺さぶる極限のラブストーリ―であり、至高のサスペンス!ヴェネツィア映画祭最優秀新人賞(二階堂ふみ)、モスクワ国際映画祭コンペティション部門最優秀作品賞・最優秀男優賞受賞、ブルーリボン賞主演男優賞受賞(浅野忠信)、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞(二階堂ふみ)、毎日映画コンクール日本映画大賞受賞!
「身を感じる時」・・・所属する新聞部の部室で授業をさぼっていた女子高生の恵美子(市川由衣)は、先輩の洋(池松壮亮)と出くわす。いきなり彼にキスを迫られ、思わず身を任せてしまう恵美子。そんな彼女に洋は、女性の体に興味があっただけで相手は誰でもよかったと冷たく言い放つ。大切にしてもらえないことを悟りながらも、恵美子は愛情を求めて彼に身を委ねていく。洋に振り向いてほしくて彼に近づくが、そのたびに拒絶されて心に傷を負っていく・・・。原作は70年代を舞台に描かれる中沢けいの小説「海を感じる時」。1978年に著者が18歳の時に応募し第21回群像新人賞を受賞。当時は現役女子高生が書いたことに、スキャンダラスでセンセーショナルな文学として一躍世間の話題を呼び、ベストセラーとなって凄ざまじい反響を巻き起こした。大人の女へと成長していく少女の内面を見つめていく。
※ブルーレイ上映




Up Date 2015/
03/27