2.100円ショップの便利グッズ(工作編)

さて、ここでは使ってみると意外に便利な100円ショップのツールなどをご紹介します。
ここでは「模型工作に使えるもの」に限定しています。塗装に使えるツールは後日「塗装室」の方でご紹介しようと思います。
オススメ度は5段階評価で5が最高です。

モーターツール用ビット

一本100円です。写真以外にもいろいろな形があります。
私はイマイの電動リュ−ター(廃版?)に付けて使ってますが、プロクソンとかタミヤのでも使えると思います(使えないと悪いので買う前に確認してくださいね)。
ただ、精度的にはそれほど良くないものも混じっているので、買うときに商品をチェックし、形の良いものをチョイスする必要はあります。

オススメ度;4(モーターツールを持ってる場合)
ダイヤモンドヤスリ

1本100円です。
写真には平ヤスリしか写ってませんが半丸などもあります。
荒削りがやりやすく重宝してます。
ただし、表面処理に使う場合は表面がかなりキズだらけになるので注意してください。

オススメ度;5
ヤスリ

色々な太さ、形状があります。
普通に模型店で売っているものと比べても何ら遜色ありません。
この他にもっと目の細かい「精密ヤスリ」もあります。

オススメ度;5
電動爪磨き

トルクが弱いのでたいして削れませんが、逆にちょっとだけ削りたいときや、少しだけバトルダメージを付けたいときに使えないことはないです。
うまく改造すれば塗料の攪拌機とかつくれないかなぁ。

オススメ度;1
ハンドドリル

刃の交換ができないピンバイス。
逆にいえば良く使う径はあると交換しなくていいので便利(刃の交換って結構面倒でしょ?チャック変えたりしないといけないし)。
さらにピンバイスでは大きな径だと空回りする事などがあるので、こういった固定タイプの方が使い安かったりします。
ポリキャップを仕込む人は是非使ってみてください!

オススメ度;4
精密ドライバー

ドライバーなんぞどうするって?
改造してノミ(平型彫刻刀)にするのさっ!!
同じく100円ショップで売っている砥石(包丁コーナーに売っています)で、マイナスドライバーを研ぎます。
するとあっという間に小型ノミの出来上がり!
細かいモールドをいれたいときや、入り組んでヤスリが入らない場所の合わせ目を消したい場合に使えます。
(ストライクドッグの後頭部の四角の中はこれで消しました−参照
プラスドライバーは普通に使ってください(汗)。

オススメ度;3
ニッパー

普通にパーツを切り出す場合には使いませんが、ランナーを切ったり、真鍮線を切ったりする場合に使ってます。刃がいかれても100円だったら躊躇無く交換できます。

オススメ度;3
プラスチックピンセット

細かいパーツやデカールを貼るときに。
開きが甘いのでやや使いにくい。
お金があるならいいもの買おう。

オススメ度;2
NOW PRINTING 砥石

精密ドライバーの項参照。
はさみも研げるぞ。
オススメ度;3
NOW PRINTING 写真立て

ディオラマベースに。
wtmのディオラマにも使用しています。
オススメ度;(ディオラマビルダーには)4
真鍮板・アルミ板

改造・ディオラマのネームプレートに。薄いので使いやすい。
オススメ度;5
ネームプレート

これも飾り台として使用可。ディオラマを作らなくてもこれにネームプレートを貼りつけるだけでもかっちょよい。
オススメ度;4
NOW PRINTING 工具箱

でかいツールボックスとは別に小ぶりのツールボックスに普段使う道具を入れています。こうするといちいち大きなツールボックスを持ち運ばないでもいいので便利です。模型部屋のない方に。

オススメ度;4
プラスチックトランプ

プラ板代りに。厚さは今度測ってアップします。
NOW PRINTING トゲ抜き

艦船模型などのすごく細かいパーツを持つときに便利です。
ピンセットだとハネてパーツが飛んでいく事があるのですが、これだと大丈夫です。メルカバのチェーンアーマーはこれナシでは作れませんでした。
(まいど!さまから教えていただきました。ありがとうございました)
ピンセット(金属)

上は見ての通り普通のピンセットですが、100円でも使いやすいです。
下のは先端が平面になっているので、薄いパーツやデカールを扱うのに良いです。上のプラスチックピンセットと比べるとかなり使いやすいですよ。
おゆまる

小さいパーツの複製に使用。
詳細はこちら。


100円ショップは一期一会
100円ショップツールは安くて便利なものが多いのですが、同じ系列店でも売っている物が違いますし、同じ店でも次に行ったら売り切れで置いてない事が良くあります。
100円ショップでは取り寄せができませんので、その時「使えるかな?」と思ったら買っちゃった方がいいかもしれません。