抗てんかん薬

 

   

  ↓ 丸数字をクリックするとその段落に行きます。

@

   バルプロ酸ナトリウム   デパケン、セラニカR

A

   カルバマゼピン   テグレトール

B

 クロナゼパム   リボトリール錠、 ランドセン錠

C

  ラモトリギン  ラミクタール錠

 

  @ バルプロ酸ナトリウム

パケン錠100~200、デパケンR100~200、デパケン細粒20~40%、デパケンシロップ5%、セレニカR顆粒、

バレリン錠100~200mg ・抗てんかん剤/その他/抗てんかん剤・躁状態治療剤  

 

概説

てんかんのけいれん発作を予防するお薬です。また、躁病の治療にも用います。

作用

  • 脳の神経をしずめておくことで、てんかん発作を予防します。全般発作のほか、いろいろなタイプのてんかんに広く使われています。子供に多い欠神発作(意識消失発作)にも、この薬が使われます。
  • 脳の神経をしずめて、気分の高ぶりを落ち着かせます。躁病や躁うつ病の躁状態に適応します。
  • 医師の判断で、片頭痛、群発頭痛などに応用されることがあります。また、鎮痛補助薬として用いることがあります。

注意

【注意する人】

重い肝臓病や尿素サイクル異常症のある人は使用できません。また、妊娠中は基本的には使用しません。  


【飲み合わせ・食べ合わせ】

  • カルバペネム系抗生物質は避けなければなりません。併用により、この薬の血中濃度が低下し、てんかん発作が再発するおそれがあるためです。カルバペネム系の多くは注射薬になりますが、飲み薬としてテビペネム(オラペネム小児用細粒)の1種類があります。


【使用にあたり】  

  • 飲む量や回数を必ず守ってください。ふつう、少量から開始し、効果や副作用をチェックしながら徐々に増量していきます。適量が決まったら、血中濃度を常に一定に保たなければなりません。用法用量を守ることが大切です。 

 

効能

【適用】

  • 各種てんかん(小発作・焦点発作・精神運動発作ならびに混合発作)およびてんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性等)の治療
  • 躁病および躁うつ病の躁状態の治療 

【応用】

片頭痛、群発頭痛、鎮痛補助、その他さまざまな精神・神経症状

用法

【一般】  

通常、1日量バルプロ酸ナトリウムとして4001200mg123回に分けて経口服用する。ただし、年齢、症状に応じ適宜増減する。

【持効剤1(デパケンR錠)】  

通常、1日量バルプロ酸ナトリウムとして4001200mg112回に分けて経口服用する。ただし、年齢、症状に応じ適宜増減する。

【持効剤2(セレニカR顆粒)】

通常、バルプロ酸ナトリウムとして4001200mgを1日1回経口服用する。ただし、年齢、症状に応じ適宜増減する。  

副作用

副作用でわりと多いのは、眠気、ふらつき、吐き気、食欲不振、けん怠感などです。これらは、たいてい心配いりませんが、何か異常を感じたら早めに受診されてください。

重い副作用はめったにありませんが、まれに肝臓が悪くなることがあります。とくに飲み始めの数カ月間に注意が必要です。そのほか、高アンモニア血症による意識障害、血液障害、膵炎、過敏症症候群なども報告されています。定期的に各種の検査を受けて、効き具合や副作用のチェックをしてもらいましょう。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  • 高アンモニア血症を伴う意識障害..吐き気、眠気、ふるえ、異常な言動、もうろう。
  • 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。
  • 膵炎..上腹部〜背中の強い痛み、吐き気、吐く。
  • 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  • 過敏症症候群..発疹、発熱、リンパ節の腫れ、だるい、吐き気。
  • 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。
  • 脳神経の異常(多くは中止で回復)..物忘れ、思考力低下、うまく話せない、体のふるえ・こわばり、動作がにぶい、うまく歩けない。
  • 横紋筋融解症..手足のしびれ・けいれん、手足に力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う。


【その他】

  • 眠気、ふらつき、頭痛、不眠、けん怠感
  • 吐き気、吐く、食欲不振、食欲亢進
  • 高アンモニア血症
  • 発疹

 

 

 

 

   A テグレトール 

成分(一般名)カルバマゼピン

製品例テグレトール錠100mg~200mg、テグレトール細粒50%

区分:抗てんかん剤/その他/向精神作用性てんかん治療剤・躁状態治療

レキシン100、レキシン200、

 

 

概説

てんかんの発作を予防するお薬です。また、神経痛の治療や、いろいろな精神症状の改善にも使用します。

作用

  • 脳神経の興奮をしずめて、てんかん発作を予防します。とくに、「側頭葉てんかん」など部分発作に有効です。側頭葉てんかんは大人に多く、精神的な変調や意識障害、もうろう状態、ふるえなどが現れるタイプのてんてかんです。
  • 気分を安定させる作用があり、いろないろな精神症状の改善に用いられています。躁病のほか、うつ病の治療に応用されることがあります。
  • 三叉神経痛などある種の痛みの治療にもよく使われます。

注意

【診察で】

  • 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
  • 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。
  • 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 


【注意する人】

  • 適さないケース..重い血液障害のある人、重い房室ブロックや徐脈(50/分未満)のある人。
  • 注意が必要なケース..排尿困難や眼圧亢進のある人、そのほか心臓病、肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症、ポルフィリン症のある人、高齢の人など。 

·         とくに抗真菌薬のボリコナゾール(ブイフェンド)とは、併用が禁止されています。

·         グレープフルーツジュースは飲まないでください。この薬の血中濃度が上昇し、副作用がでやすくなるおそれがあります。

·         セイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品は控えてください。この薬の作用を弱めるおそれがあります。

·         飲酒は控えてください。副作用が強まるおそれがあります。

【食生活】

眠気を催したり、注意力・集中力・反射運動能力が低下することがあります。車の運転など危険な作業は避けてください。

効能

【適用】

  • 精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)
  • 躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態
  • 三叉神経痛


【応用】

  • うつ病、その他の精神症状
  • 帯状疱疹後神経痛糖尿病性末梢神経障害、その他の神経痛・疼痛

用法

  • 精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)..カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200400mgを1〜2回に分割経口服用し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日100600mgを分割経口服用する。
  • 躁病、躁うつ病の躁状態、精神分裂病の興奮状態..カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200400mgを1〜2回に分割経口服用し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg)徐々に増量する。症状により1日1,200mgまで増量することができる。
  • 三叉神経痛..カルバマゼピンとして通常、成人は最初1日量200400mgからはじめ、通常1日600mgまでを分割経口服用するが、症状により1日800mgまで増量することができる。小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。

 

副作用

副作用で多いのは、眠気、めまい、けん怠感、頭痛、吐き気、口の渇きなどです。症状の強いときは早めに受診し医師に申し出てください。服用量の調節が必要かもしれません。

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。
  • 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  • SLE様症状..筋肉や関節が痛む、体や顔が赤くなる、赤い斑点ができる、発熱、手足や首の付け根のリンパ節が腫れる。
  • 遅発性の重い過敏症状..発疹、発熱、だるい、吐き気、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  • 急性腎不全..だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、尿が少ない・出ない。
  • 肺障害(間質性肺炎など)..息切れ、息苦しさ、から咳、痰、発熱。
  • 血栓症塞栓症..手足の痛み・はれ・しびれ、突然の息切れ・息が苦しい、胸の痛み、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む。
  • アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。
  • 心不全、心ブロック、高度な徐脈..息苦しい、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、脈が飛ぶ、脈が1分間50以下、めまい、気が遠くなる、失神。
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う。
  • 無菌性髄膜炎..首の硬直、発熱、頭痛、吐き気・嘔吐、意識もうろう。
  • 悪性症候群(Syndrome malin)..急激な体温上昇、筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識がはっきりしない。


【その他】

  • 眠気、めまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、幻覚
  • けん怠感、脱力感、ふるえ、運動失調
  • 吐き気、食欲不振、口の渇き
  • 発疹、じんま疹
  • 物が二重に見える、かすむ

 

 

 

  B ランドセン

成分(一般名)クロナゼパム

製品例リボトリール錠0.5mg~1mg~2mg、リボトリール細粒0.1%~0.5%ランドセン錠0.5mg~1mg~2mg、ランドセン細粒0.1%~0.5% ・・区分:抗てんかん剤/ベンゾジアゼピン系/抗てんかん剤

 

概説

てんかん発作を予防するお薬です。そのほか、体のふるえやパニック障害などの治療に応用されることがあります。

作用

  • 脳の神経をしずめて、てんかん発作が起こりにくい状態にします。とくに、顔や手足がぴくつくミオクロニー発作に効果が高いです。他の抗てんかん薬が十分効かないときに切り替えたり、併用することもあります。
  • 神経をしずめる作用があることから、医師の判断により、いろいろな精神・神経系の不調に応用されています。たとえば、体の不随意運動(無意識な体の動き・ふるえ)、レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群)、パニック障害を含め各種神経症、さらに躁病やうつ病などの治療に使用することがあります。

特徴

ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬です。正式な保険適応症は各種のてんかん治療になりますが、それ以外のいろいろな精神・神経系の病気に対しても広く用いられています。

注意

【注意する人】

重症筋無力症や急性の緑内障を起こしている人には使用できません。

·         適さないケース..重症筋無力症、急性狭隅角緑内障。

·         注意が必要なケース..呼吸器系に病気のある人、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人など。

【その他】

効能

【適用】

  • 小型(運動)発作〔ミオクロニー発作、失立(無動)発作、点頭てんかん(幼児けい縮発作、BNSけいれん等)〕
  • 精神運動発作
  • 自律神経発作 


【応用】

  • 不随意運動(無意識な体の動き・ふるえ)、レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群)、躁病、うつ病、各種神経症(パニック障害、不安障害など)、神経痛、鎮痛補助

用法

  • 通常成人、小児は、初回量クロナゼパムとして、10.51mg13回に分けて経口服用する。以後、症状に応じて至適効果が得られるまで徐々に増量する。通常、維持量はクロナゼパムとして126mg13回に分けて経口服用する。
  • 乳、幼児は、初回量クロナゼパムとして、1日体重1kgあたり0.025mg13回に分けて経口服用する。以後、症状に応じて至適効果が得られるまで徐々に増量する。通常、維持量はクロナゼパムとして1日体重1kgあたり0.1mg13回に分けて経口服用する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。

 

副作用

副作用で多いのは、眠気、ふらつき、脱力感などです。これらは飲みはじめに多く、続けているうちに軽くなることもありますので、それほど心配いりません。重い副作用はめったにありませんが、何か異常を感じたら早めに受診されてください。
【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。
  • 呼吸抑制、睡眠中の多呼吸発作..息苦しい、窒息感、翌朝の頭痛、頭が重い。
  • 刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。(もともと精神障害がある場合などに、まれに出現)
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。


【その他】

  • 眠気、ボーッとする、イライラ、無気力、頭痛。
  • ふらつき、めまい、けん怠感、脱力感。
  • 喘鳴、唾液増加、物が二重に見える、尿失禁
  • 発疹
  • 長期連用で効き目が悪くなる。

 

 

 

C ラモトリギン 

成分(一般名)ラミクタール錠25mg~100mg、ラミクタール錠小児用2mg~5mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価

区分抗てんかん剤/その他/抗てんかん剤

 

 

概説

てんかん発作を予防するお薬です。

作用

このお薬は、抗てんかん薬です。脳神経の興奮をおさえて、てんかんの発作を予防します。適応となるのは、部分発作と、全般発作のうちの強直間代発作(大発作)、レノックス・ガストー症候群における全般発作です。別の抗てんかん薬と併用することで、てんかん発作の抑制効果が高まります。

特徴

  • 部分発作をはじめ、いろいろな発作型に有効です。子供に発症し治療が難しいとされるレノックス・ガストー症候群に対する適応も取得しています。ただし、第一選択薬とはせず、標準的な治療薬で効果不十分な場合に追加し併用します。
  • 半減期が約3138時間と長いです。さらに、別の抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウム(デパケン)との併用で約2倍に延長します。代謝は主にグルクロン酸抱合によります。
  • 利便性のよい口腔内崩壊錠(チュアブル・ディスパーシブル錠)です。水なしでも飲めますし、水で溶かしてから飲んでもかまいません。
  • 重い副作用として、皮膚障害を起こすことがあります。発疹や発赤など皮膚の異常に十分な注意が必要です。

注意

【注意する人】
肝臓の悪い人は薬の排泄が遅れがちです。そのため、服用量や服用間隔に配慮が必要です。別の抗てんかん薬でアレルギーを起こしたことのある人は、発疹の発現に十分注意してください。

·         注意が必要なケース..肝臓病、腎臓病、発疹などアレルギーを起こしやすい人

【飲み合わせ・食べ合わせ】
いろいろな薬と相互作用を起こしやすい性質があります。使用中の薬を必ず医師に報告しておきましょう。

·         抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウム(デパケン)と併用すると、この薬の代謝が遅れ体に長く残ります(半減期が約2倍延長)。そのため、併用に際しては減量するなど服用量や服用間隔に配慮しなければなりません。

·         逆に、別の抗てんかん薬のフェニトイン(ヒダントール、アレビアチン)やカルバマゼピン(テグレトール)、フェノバルビタール(フェノバール)は、この薬の血中濃度を低下させます。そのため、これらと併用する場合は、増量するなど服用量に配慮が必要です。

·         カルバマゼピン(テグレトール)との併用で、吐き気やめまい、かすみ目などの副作用が出るおそれがあります。カルバマゼピンの減量により回復するようです。

·         経口避妊薬と相互作用を起こす可能性がありますので、場合によっては用量の調節が必要です。

【使用にあたり】

  • 特殊な口腔内崩壊錠です。そのまま水で飲んでもよいですし、水なしで噛み砕いて飲んでもかまいません。小さい子供には、少量の水で溶かしてから飲ませるとよいでしょう。

【食生活】
眠気を催したり、注意力・集中力・反射運動能力が低下することがあります。車の運転など危険な作業は避けてください。

【備考】

  • 処方薬は、発作型やその病因から決めます。一般的に、全般発作に対してはバルプロ酸ナトリウム(デパケン)を、部分発作にはカルバマゼピン(テグレトール)を第一選択します。原則、1種類とし、十分増量しても効果不十分な場合や副作用で継続できない場合は、他の薬に徐々に切り替えるようにします。どうしても1種類でコントロールできない場合に限り、2〜3種類の併用療法をおこないます。
  • てんかんの原因そのものを治せる薬はありません。多くの場合、予防的に長く飲み続ける必要があります。けれど、必ずしも減量・中止ができないというわけではありません。発作が長期間なければ、医師の管理のもと時間をかけてゆっくりと減量していくことも可能です。

効能

他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の下記発作に対する抗てんかん薬との併用療法

  • 部分発作(二次性全般化発作を含む)
  • 強直間代発作
  • Lennox-Gastaut症候群(レノックス・ガストー症候群)における全般発作

用法

【成人(錠25mg~100mg)】

<バルプロ酸ナトリウムを併用する場合>
 通常、ラモトリギンとして最初の2週間は125mgを隔日に経口服用し、次の2週間は125mg1回経口服用する。その後は、12週間毎に2550mgずつ漸増する。維持用量は1100200mgとし、2回に分割して経口服用する。

<バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合>

 (1)本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤(1)を併用する場合。通常、ラモトリギンとして最初の2週間は150mg1回経口服用し、次の2週間は1100mg2回に分割して経口服用する。その後は、12週間毎に最大100mgずつ漸増する。維持用量は1200400mgとし、2回に分割して経口服用する。

  • (2)上記(1)以外の抗てんかん薬(2)を併用する場合。バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に従う。

【小児(錠2mg~5mg~25mg~100mg)】

<バルプロ酸ナトリウムを併用する場合>
通常、ラモトリギンとして最初の2週間は10.15mg/kg1回経口服用し、次の2週間は10.3mg/kg1回経口服用する。その後は、12週間毎に最大0.3mg/kgずつ漸増する。維持用量は、バルプロ酸ナトリウムに加えて本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤(1)を併用する場合は115mg/kgとし、本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤(1)を併用していない場合は113mg/kgとし、2回に分割して経口服用する。なお、1日用量は最大200mgまでとする。

<バルプロ酸ナトリウムを併用しない場合>

  • (1)本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤(1)を併用する場合。通常、ラモトリギンとして最初の2週間は10.6mg/kg2回に分割して経口服用し、次の2週間は11.2mg/kg2回に分割して経口服用する。その後は、12週間毎に最大1.2mg/kgずつ漸増する。維持用量は1515mg/kgとし、2回に分割して経口服用する。なお、1日用量は最大400mgまでとする。
  • (2)上記(1)以外の抗てんかん薬(2)を併用する場合。バルプロ酸ナトリウムを併用する場合に従う。

<注釈>

  • (1フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、その他本剤のグルクロン酸抱合を誘導する薬剤
  • (2)ゾニサミド、ガバペンチン、トピラマート、その他本剤のグルクロン酸抱合に対し影響を及ぼさない又は影響が明らかでない薬剤

 

副作用

重要なのは皮膚症状です。もし、発疹や発赤など皮膚に異常があらわれた場合は、すぐ医師に連絡してください。まれですが、重い皮膚障害へ進展することがあります。とくに、飲み始めの2カ月間、またバルプロ酸(デパケン)との併用時、あるいは子供においては十分な注意が必要です。

そのほかで多いのは、眠気、めまい、複視(二重にぼやけて見える)、吐き気などです。また、臨床検査でよく見つかるのは肝機能値の異常です。これらはそれほど心配ないと思いますが、症状の強いときなど早めに受診し医師に申し出てください。服用量の調節が必要かもしれません。
【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  • 過敏症症候群..発疹、発熱、リンパ節の腫れ、だるい、吐き気。
  • 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  • 無菌性髄膜炎..首の硬直、発熱、頭痛、吐き気・嘔吐、意識もうろう。

【その他】

  • 発疹、発赤
  • 眠気、傾眠(うとうと)、めまい、頭痛、不眠
  • 吐き気、吐く、下痢、食欲不振
  • 複視(二重に見える)、霧視(かすんで見える)
  • 肝機能値異常

 

 

  

  HOMEへ戻る