職場の改善提案事例集
職場の改善提案の事例集をご紹介します。スーパービジネスマンは常に職場の改善を提案できなければスーパービジネスマンとは言えません。常に現状に満足せずに改善を積み重ねましょう。


先ずは意識改革
職場では様々な問題があります。それは時間などの効率や原価低減、納期短縮、省エネなどいろんな場面で改善事項はあります。現状で満足して何もしなければその時はいいかもしれませんが、後々ライバル会社に追い越されたり、仕事を取られたりする要因になってしまいます。その時、アクションしてれば良かったでは遅いのです。現状を打破するポジティブな考え方がなければ改善は成功しません。
まずは改善しなければならないというふうに意識を変えることから始まります。改善というのは現実と戦うことになります。
今ある現状と戦うこと、それが改善です。
仕事場では、時間という限られた要因を無視して改善をするということはできませんから、改善したいからと言ってベストの状態ばかりを求めてすぐに対策をすることができなくなるというような状態よりは、ベターな状態に出来るだけ近づけるということを先に考えた方がいいのです。
100%最初から改善を求めるのではなくて、60%でも今の状況よりも改善できると思ったらそれを実行すること、それが改善提案につながります。
ベストではなくてまずはベターな状態を何度も何度も繰り返すことでだんだんベストな状態に近づくということが一番大切です。
あまりに改善提案をしようと思ったために考えすぎて結局改善されないということにならないようにしましょう。

スポンサードリンク



改善提案事例集
それでは実際にいろいろな職場での改善提案事例をご紹介しますので参考にしてみてください。

改善提案事例1

ある工事現場での改善提案事例集を紹介したいと思いますが、はしごに手すりがついていなかったために、その現場に上る人が滑ってけがをする、足を踏み外すということがよくありました。
それが何度が続いたために改善提案を出そうということになりました。
最初から一番いい方法を何時間もかけて何日もかけて考えるのではありません。まず一番何をすべきなのかとりあえず考えている間にもけがをする人が出るかもしれないので、とりあえずの対策をすることが必要です。そのために、まずは手すりをつけることを考えました。
その後、登るときにはイボがついている手袋をつけて登ることにしました。そして靴も滑り止めのついている靴を履いて上ることになりました。こうした小さな積み重ねが改善提案になります。

改善提案事例2
製造現場でシンプル且つ効果的な改善はレイアウト変更です。ある製造現場で作業者が移動する時間に着目してレイアウト変更した改善提案事例です。
25メートルの製造ラインを組んでいた現場で部品の供給のためにラインの反対側に行くことが必要でした。この部品供給作業が1日平均20回あるので歩くだけで500メートルを移動するのです。人が1メートル歩くのに1.1秒かかると言われていますので550秒で、つまり9.17分作業が止まります。
このラインをレイアウト変更を行い、後ろに回らなくても部品供給ができるように改善し1日、9.17分の時間短縮に成功しました。
たった9.17分と思いますが、1ヶ月20日稼動だと3時間以上、多く製品をつくることができるわけです。
小さな改善をいくつも積み重ね大きな結果を生むのが改善の醍醐味ですね。

改善提案事例3
IT化と見える化で改善事例としては営業で顧客との打ち合わせで納期回答が即答できるようにした事例があります。受注した製品の進捗状況を見える化し生産している製品がどの工程まで終わっているかを直ぐに分かるようにし、それをWEB上で確認できるシステムを構築したおかげで常に進捗状況を確認できるように改善した結果、顧客の信用が高まった事例です。

改善提案事例4
生産管理での改善提案ではこういうのもあります。その職場では帳票類が多く、机の上や棚の中、倉庫の中まで積み重なりスペースを圧迫。帳票類は記録なので何かトラブルがあった場合、トレーサビリティのために捨てるに捨てれない書類が山になっていました。書類の量が膨大でトラブルがあった場合でも探すのに半日以上かかって探さなければならないという最悪な事態です。
ここで改善提案として書類の電子化を推進しました。ドキュメントスキャナーを購入し、必要な書類は電子化しPDFファイルとして保存。電子化する際につけるファイル名を工夫し、テキスト認識をかけながら電子化したおかげで、トラブル時に関係する書類を探すのに半日かかっていた作業が5分で探せるようになり今まで膨大なスペースを占拠した書類の山がなくなりました。また机の上も整理され結果、2S(整理整頓)も解決しました。
この改善提案事例はその企業で表彰されたそうです。


これらの改善提案事例はいろんな職場の例です。基本的に納期、品質、価格などが改善の対象になります。
一番簡単で効果のある改善提案はレイアウト変更と言われています。人の動きを最小限にすることで時間ができますのでその分、他の仕事までできるようになります。
とりあえず生産現場ではレイアウト変更、営業ではルート変更など行い、少しずつ改善に取り組み、それを積み重ねていきましょう。
それと平行してIT化を推進することをお勧めします。入力作業がエクセルのマクロや関数を使うことで間違えずに一瞬でリスト入力することが可能になりますので是非取り組んでみてください。

関連記事→改善提案の推進

スポンサードリンク


Copyright(C)2004 スーパービジネスマンの常識  All Rights Reserved