PDCA



PDCAの意味
PDCAの意味は知っていますか?ISOでよく聞くPDCAの意味を把握し、しっかりとPDCAサイクルを回しましょう。ビジネスにおいてPLAN,DO,CHECK,ACTION(プラン・ドゥ・チェック・アクション)は必要不可欠です。


PDCAとは国際標準規格のISO9000やISO14000でよく聞く言葉ですよね。
PDCAとはPLAN=計画する、DO=行動する、CHECK=確認する、ACTION=改善する、の頭文字をとってPDCAと読んでいます。

PDCAの意味を理解した上で重要なことはビジネスの社会においてPDCAは非常に重要な意味を持っています。大事なのは、PLAN、DO、CHECK、ACTIONは個々に考えてはいけません。常にこの順番で回すことが重要です。分かりやすく図にするとこうなりますね。
   PDCAサイクル
上記のようにPDCAサイクルを回し続けることにより継続的な改善が可能となります。企業全体のPDCAサイクルは個々の部署で行う小さなPDCAサイクルの集まりになります。

これをシステムとして成り立たせ、常に改善活動することがビジネスの上で必要になります。

この考え方はISO9000の品質マネジメントシステム、ISO14000やエコアクション21といった環境マネジメントシステムでも用いられ、経営、品質において重要な判断基準と位置づけられています。

何事に取り組むにしても目標が必要です。その目標をクリアするために先ずは計画をします。その計画に基づき行動し、その行動が正しいか確認する。そこで改善する点があれば再度、改善し、計画する。このサイクルを回すことが大事ではなくいかに目標に到達することが重要なのですが、目標到達するためには必ず必要な仕組みがPDCAサイクルということなのです。
製造現場だけでなく、営業、生産管理、技術、あらゆる部署でこの仕組み=システムを取り入れ企業としてうまくPDCAサイクルを回すことで継続的改善が行えるようになります。


Copyright(C)2004 スーパービジネスマンの常識  All Rights Reserved