足洗い場
屋外に水道を付けてもらったのはよいけれど、排水が・・・
2001/09/02 〜 2001/10/14
立水栓はもともとあったのだけど排水溝(口)がなく、
水を使うたびに足もとが濡れたり、地面がびちょびちょに・・・。
そして、雨どいからの雨水も庭に垂れ流し状態で、
庭のあちこちに「湖」ができていました。
こんな状態をなんとかすべく、
スコップとパイプを両手に立ち上がった!

2,3日で何とかなるはず!?
パイプつなげてりゃー何とかなるさ!と
図面もひかずに適当にはじめたのですが、
結局出来上がったのはそれから
1ヶ月以上も先のことでした・・・

排水で一番悩んだのは、一体どこに排水するか?
いろいろ考えたあげく、最終的には浄化槽から排水される
排水マス横に穴を空け、そこから排水させることに決定。
ただ、ゴミや泥水をそのまま流し込むと排水マスから
先を詰まらせる可能性があったので、
「排水マス行き排水マス」を設置。

このコンクリート製排水マスにパイプを刺すための穴を
空けるだけ作業で、なんと半日以上かかってしまった!
専用工具なんてもちらんないので、インパクトドライバーに
コンクリート用ドリルビットを取り付け、パイプの太さに合わせて
円形に数箇所穴を開けて、その後静かにハンマーで
叩き割る、という方法で何とか穴が空けた。
キレイな丸い穴にはならないけれど、
この辺は適当適当・・・
「排水マス行き排水マス」を取り付けマスた・・・。
パイプとマスの隙間は油性粘土で!(200円也)
もうちょー適当。別に漏れてもいいしー、予算ないしー。

ちなみにパイプは径5cmのものを10m分購入。
パイプの継ぎ手やエルボを合わせて全部で5,000円くらい。
排水マスは、蓋付きで1,500円くらい。
排水マスの次は、排水パイプを埋めるための穴堀り。
排水マスに向かってビミョーに傾斜をつけるのが難しい。
雨どいはこの立水栓の先に1本、手前に1本の計2本。

@雨どい排水口
↓  
A将来用排水口
↓  
B足洗い場(立水栓)用排水口
↓  
C雨どい排水口
↓  
D排水マス行き排水マス
↓  
E排水マス
こちらが@とAの部分。
一番高い部分。
写真右下に排水マス行き排水マスDがあり、
そこからパイプが伸びています。
写真上で右に分かれているパイプの先がC。
パイプの深さは排水マス付近が一番深く20cmくらい。
そこから一番端まで約8mくらい。
足洗い場用の排水口(B)が完成。
@とAの部分が完成。
傾斜をつけすぎてしまい、もうちょっとのところで
パイプが地面から顔をだすところだった・・・
全てのパイプが埋まったところで、
何事もなかったかのように土とバラスを埋める。
排水マスもキレイに並び、「俺ってすげーじゃん!」と
しばし見惚れる・・・
そしてついに足洗い場も完成!
セメント(10kg/400円)を5Kg、砂を約15kg、
水を4リットル強をトロ舟に入れ、ひたすらに混ぜて
モルタルをつくり、それを地面にそのまま流し込む。

周りはもともとあったレンガで囲い、モルタルには
貝殻を適当に散りばめ、オシャレに仕上げました。
貝殻は近くの治郎丸海岸などで拾ってきたやつ。
ちゃんとくっついてくれるか心配でしたが、
翌日にはしっかりとくっついてました。

というわけで完成!!

 return