クリックすると、「ど素人の株日記-初心者でも儲かる情報がザクザク」トップページに戻ります。
−初心者でも儲かる情報がザクザク−
google  
WWW 検索
サイト内検索
 はじめての方はこちら
はじめに

自己紹介

おすすめ初心者講座

サイトマップ

 証券会社特集
ネット証券の口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

ネット証券手数料比較

(1日・1ヶ月)定額手数料徹底比較(デイトレにおすすめ)

単元未満株手数料比較

夜間取引(PTS)手数料比較

SBI証券(旧イートレード)徹底攻略

HYPER SBIの使い方

楽天証券徹底攻略

岡三オンライン証券徹底攻略

ライブスター証券徹底攻略

丸三証券徹底攻略

松井証券徹底攻略

GMOクリック証券徹底攻略

内藤証券徹底攻略

マネックス証券徹底攻略

むさし証券徹底攻略

カブドットコム証券徹底攻略

立花証券徹底攻略

安藤証券徹底攻略

エイチ・エス証券徹底攻略

FXの口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

CFDの口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

NISAの口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

 メインコンテンツ
ど素人が金持ちになる講座

投資家の確定申告講座

マネー雑誌比較

儲かる四季報の使い方

株価変動のきっかけ

投資履歴

ど素人の株日記ブログ

 相互リンク及び手続き
相互リンク

会員制入室&リンク希望の方へ

 にぎやかな掲示板
掲示板

 当サイト管理人の著書

投資家のための確定申告講座(初心者向け) 投資家のための確定申告講座
トップ投資家のための確定申告講座>特定口座と一般口座

特定口座と一般口座

(おすすめ)

ネット証券の口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

NISA(ニーサ)の口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

 

ここでは、 いちばんの難敵『特定口座』について紹介します。

特定口座について

そもそも、特定口座とは、あなたの代わりに証券会社が税金を納めてくれるシステムのことなんです。(わかりやすくするために、かなり抽象化していますが、そこはご勘弁を)

どのような種類があるか、下の表をご覧ください。

項目 一般口座 特定口座
源泉徴収
なし
源泉徴収
あり
口座を開設するには? 申込不要。最初はみんながこの口座 証券会社に届出書を出す。ただし、その年の最初の売却をする前にしないと意味がない。
この口座のメリット 様々な特典が受けられる 比較的ラクに確定申告の手続きができる 証券会社が税金の処理を代行
お金はかかるの? かからない
年間取引報告書 取引ごとに送られてくる取引報告書を整理し、自分で年間取引報告書を作る 証券会社が作成
確定申告は必要? 必要。ただし、年間の譲渡益が20万円を超えていなければ不要 不要。ただし、損失の繰越控除の際に必要
税金はいつ払うの? 確定申告で税金を払う。取引を行った翌年の2月16日から3月15日まで。 ※儲けが出るたびに証券会社が天引き

※年間の譲渡益が20万円を超えていなければ、確定申告の必要すらないので、儲けが出るたびに税金を天引きされる。『特定口座(源泉徴収あり)』を選択すると、税金の取られ損が発生する!!!

それでは、この表を詳しく説明していきます。

(特定口座の基本的な知識)

口座を開設するには?

一般口座は、みなさんが最初に与えられた口座となります。『特定口座』は申し込むことにより、初めて利用可能となります。

当サイトのおすすめSBI証券だと、ログインしたあと、『口座管理』⇒『登録情報一覧』と進めば『特定口座』という文字がありますので、ここをクリックすると詳しい内容が載っています。

一般口座の方が特定口座に申し込む場合も同じ作業で行うことが可能です。

この口座のメリットは?

一般口座

一般口座のメリットは、『様々な特典をうけられる』ことです。 譲渡損失の繰越控除などの 優遇税制が可能となります。

特定口座

一方、特定口座ですが、源泉徴収あり(源泉口座)源泉徴収なし(簡易口座)に分かれます。『源泉徴収』とは、「納税方法の種類で、本人に代わって税金を納めること」です。

つまり、源泉徴収あり(源泉口座)は、税金を代わりに納めてくれるということ、源泉徴収なしは、税金を代わりに納めてくれないということなんです。

この源泉徴収ありは確定申告の手間がかかりません。また、いくら儲けても、配偶者控除や扶養控除に影響がありません。(これは、証券会社の天引きの際に、男女その他の扶養者の区別をしていないのでわからないということです。ですから、専業主婦の方などの節税の方法として使うことが可能になります)

源泉徴収なし(簡易口座)は、確定申告が簡単にできます。下の年間取引報告書を申告書に貼り付けて税額を記入するだけとなります。

■お金はかかるの?

特定口座にお金は必要ありません。

■年間取引報告書

特定口座を選んだ場合、証券会社が作ってくれます。この作業は、デイトレーダーにとって、すごく便利だと思います。

一方、一般口座は、取引ごとに送られてくる取引報告書のはがきを整理して、自分で年間取引報告書を作ることになりますから、作業が大変な投資家もいるでしょうね。年間の取引が少ない人ほど、手続きが楽になります。

確定申告は必要?

一般口座および源泉徴収なしの場合は必要になります。ただし、譲渡益が20万円を超えていなければ、株式投資についての確定申告は不要となります。

特定口座(源泉徴収あり)の場合は、不要となっています。しかし、譲渡損失の繰越控除の手続きをする場合は、確定申告が必要となります。

譲渡損失の繰越控除とは、投資の損を来年に繰り越して、来年の利益と相殺するという便利な制度です。

ということは、9割以上が損をしている株式投資において、ほとんどの人がこれを選ぶことになるでしょうから、

結局、ほとんど全員が確定申告をすることになるよ

ってなるわけです。

税金はいつ払うの?

一般口座および源泉徴収なしの場合は、確定申告で税金を払うことになるので、一般的には次の年の2月16日から3月15日までの間になります。

ということは、その期間まで、税金を運用にまわすことができます!!ただし、損をしたら元も子もないですからご注意ください。

特定口座(源泉徴収あり)は儲けが出るたびに証券会社が天引きすることになります。ですから、年間の譲渡益が20万円を超えていなければ、確定申告の必要すらないので、儲けが出るたびに税金を天引きされる

『特定口座(源泉徴収あり)』を選択すると、税金の取られ損が発生する!!!

ことになります。ちょっとつらいですね。

結論

以上のような特定口座のメリットとデメリットを比較して、自分に最適な選択を行ってください。一般的に、毎年の取引量の多い投資家及び確定申告作業が面倒な投資家は特定口座を採用しているようです。

一般口座の確定申告

投資家のための確定申告講座一覧へ戻る


ど素人の株日記-初心者でも儲かる情報がザクザク-トップページへ

初めての方はこちらメインコンテンツ証券会社特集メルマガ関連相互リンク・手続きにぎやかな掲示板サイトマップ



Copyright (C) 2014 ど素人の株日記, All rights reserved.