’98.11.4

                                                                          NO.20

     楽しい作文の指導T

                      

1.はじめに

 

 「では、作文を書きましょう。」と教師が言うと、子供たちは口に出さずとも、ほとんどの場合、意欲的に喜んで取り組んでいるようには見えない。何故か。作文が嫌いだからである。作文を書くことが苦痛だからである。「作文は楽しい。」ということを知らないからである。

 もちろんこの他にも、表記の仕方、直接体験や感動体験の乏しさ、想像力の不足など要因としてあるだろう。

 こう書くと、まるで子供たちに原因があるように聞こえるが、この現象は、間違いなく教師の「指導がなされてこなかった」現象に他ならない。

 「こういう書き方をすれば、書くことが楽しくなるよ。」ということを、きちんと教えられずにきているからだと考える。

 学校行事等の事後に、教師の用意した原稿用紙を配り、ただ「さあ、〜について書いてごらん。」と指示するだけだったのではないだろうか。

 これでは、表現力はもとい、作文力など全く付くはずがない。

 考えてみるに、教科書教材の延長のような、建前優先のような堅苦しい生活作文を子供たちは嫌う。

 ならば、遊び感覚とユーモア感覚を子供の心の中に揺り動かしてやれば、作文もおっくうがらずに、楽しく書けるようになるはずである。

 

 ここでは、「書く」ことをおっくうがらず、意欲的に「文を作るのは楽しい。」と感じさせる実践を紹介する。

 言うなれば、形式や内容にこだわらず、子供の遊び心を刺激させ、作文の学習に興味を持たせる指導の入門と考えていただきたい。

 この実践では、以下のことに重点を置いて指導する。


子供を引きつける楽しい教材文が意欲と集中を生む。
 

 教材は、松岡享子 作の〈さかさ話〉「あくびがでるほどおもしろい話」である。『からすからす』(ことばと文学の会編集)〜「国語教育別冊NO.11」より、菅原・太田両氏の修正追試である。


 「さかさ話」
あくびがでるほどおもしろい話
                                         松岡享子
(A)
 ここから北へ北へとすすんでいったある南の国に、たいへんかしこい、ばかな男がすんでいた。
 ある夜、夜が明けて、あたりが暗くなったので、男は目をさました。外はすばらしくよいお天気で、雨がザアザアふっていた。そこで、男は、「よし、きょうは山へ魚つりにでかけよう」と考えて、よく手入れのいきとどいた、さびたてっぽうをもって、うちを出た。
 なだらかな、けわしい山道を、どんどんのぼっておりていくと、まもなく木の1本もない森へ出た。そこで、男がはえていない木にのぼって、すなはまにこしをおろしてまっていると、やがて、見たこともないような、あたりまえの魚が、なみをけたてて、のろのろとおよいできた。男はすかさずてっぽうをかまえて、ドーンと1ぱつぶっぱなした。たまはねらいたがわず見ごとにそれて、魚はバッタリと生きかえった。男は「ちくしょう、うまくいったぞ!」とさけんで、魚をひっつかみ、大いそぎで(      )と走ってうちに帰った。
 

 


(B)
 男がそれをりょうりして食ってみたところ、なんと、ほっぺたがおっこちるくらいうまかった。
 そこで、男は、魚をみんなにわけてほねものこさず、すっかりたいらげてしまった。あんまりはらいっぱい食べたので、おなかがパンパンになったそうな。
 

 対象学年は3年生で行ったが、どの学年でも追試可能と思える。

 

2.授業の流れ

 

 印刷した教材文を裏にして配る。指示があるまで開かせない。

 好奇心をそそる教材との出合いを演出するためである。

 全員手元に配られたのを確かめてから、


指示1
はい。プリントのAのお話を読んでごらん。
 

 高学年なら、この指示だけで黙読する。低学年なら、教師の方で範読すればよい。

 自然と、くすくす笑い声が起こる。低学年であれば、読み終える頃には、教室が明るい笑い声であふれるに違いない。

 Aを全部読んだ後に聞く。


発問1
Aのこのお話は、いくつの文でできていますか?
 

※会話文には「。」が付いていないので、時間がかかるようであれば、「文の終わりについている『。』の数を数えてごらん。」と指示すればよい。子供たちは比較的容易に「9つ」と見つけることができる。


発問2
まともな文ですか?
 

 全員口を揃えて「まともじゃないよ!」と答える。


発問3
9つの文、全部まともじゃないですか?
まともな文を探してみなさい。あったら、その文に鉛筆で線を引きなさい。

 

 作業後、発表させる。

 ほとんどの子が、


男はすかさずてっぽうをかまえて、ドーンと1ぱつぶっぱなした。
 

この文は「いいと思う。」と答えた。これ以外は、みな「だめだ。」と言うのである。


指示2
では、どう、まともでないのか、他の1つ1つの文をみんなでみていこう。
 

 1つ1つの文の検討を全員でする。口々に「ああだ。こうだ。」と、おかしいところを、面白がって指摘するのである。

 ほとんどの子が、適切におかしな点を指摘できている。

 なお、意味の分からない言葉は、辞書を引きながら確かめていくようにする。

 検討後、


発問4
最後の文に(      )がありますね。ここにはどんな言葉を入れればよいでしょう。このお話に合うように、言葉を考えて自由に書き込んでごらん。まと
もになっちゃ、いけないんだよ。

 

 子供たちは、悩みながらもどことなく楽しんで思考している。

 5分後、数人に尋ねる。


・「よちよち」
・「のろのろ」
・「ゆっくり」などがでる。

 

 特に正解がないわけであるから、内容を掴んでそれなりに書けた子供を大いに誉めることにする。

 

 次にBの文を範読する。


発問5
これは、まともな文ですか?それともおかしな文ですか?
 

 「まともです。」と子供たち。

 

 そこで次のように指示する。


指示3
まともですね。それではね。これから、このBのお話をAのようにめちゃくちゃにしなさい。「さかさ話」にするんです。
でもね。いくらめちゃくちゃと言っても、書いてある言葉をできるだけ使って書き直すんですよ。いいですか。始めなさい。

 

 この「めちゃくちゃに」の指示で、子供たちはうきうきしながら、意欲的に喜んで取り組むのである。

 書きながらにやにやしたり、すぐに笑い声も聞こえてくる。

 ここでは、子供の作品紹介を省くが、5分位すると、結構面白い作品も出来上がる。おかしい文も続出して、発表の度に、笑い声で教室も湧く。


説明
「さかさ話〜あくびがでるほどおもしろい話」ってこういうことだったんだね。こんな作文も面白いですね。
家庭学習でもこんな文、大いに受け付けますよ。

 

 と言って、授業を終えた。

 

 早速、次の日「さかさ日記」を書いてきた子がいた。

 

3.おわりに

 

 この学習で、子供たちは、めちゃくちゃでデタラメな文を書くのも、実は難しいということに気付くのである。

 何故なら、内容を理解し面白くしようとするならば、主述の関係に気を付け、助詞や語尾にまで気を配って書かなくてはならないのだから・・・。


もどる          トップへ